トイレを英語で?こんなに?表記も調べてみました!

トイレを英語で言うと何?

トイレが英語じゃないの?

と思っていたのは私です。

これから調べますので、正解は後ほど。

せっかくなので、トイレの表記についても調べてみます。


トイレは英語で何かを調べた

トイレは英語で、

  1. toilet
  2. bathroom
  3. restroom
  4. lavatory
  5. washroom
  6. facility
  7. men’s room/women’s room
  8. W.C
  9. outhouse
  10. privy
  11. cloakroom
  12. The Gents/The Ladies
  13. loo
  14. powder room
  15. the john

というようです。

多すぎて訳がわからないと思うので、それぞれ解説してみます。

toilet(トイレット)

日本で使われる「トイレ」は、toilet(トイレット)から来ているのでしょう。

toiletはイギリス英語のようで、日本語の「便所」や「便器」のことを指すようです。

なのでアメリカでは、ほとんど使われないとのこと。

日本でも「便所」という言葉は、あまり使われなくなっていますよね。

「トイレ」「お手洗い」「化粧室」が一般的に使われるのでは。

bathroom(バスルーム)

bathroom(バスルーム)という単語だけで判断すると、「浴室」と訳すことが多いでしょう。

ただアメリカの一般家庭では、浴槽・便器・洗面所が同じ部屋にあるのが普通のようです。

なのでトイレを借りたい時は、

「bathroomはどこですか?(Where is the bathroom?)」

と聞くと、「トイレの場所を尋ねている」と判断してもらえます。

restroom(レストルーム)

restroomには休息所・休憩室という意味もあります。

というかイギリスでは、restroom=休憩室のようです。

アメリカ英語では、restroom=(レストラン・ホテル・劇場などの)お手洗いを指します。

lavatory(ラバトリー)

lavatoryは「洗面所」「化粧室」「お手洗い」という意味で使われます。

public lavatoryだと、「公衆トイレ」という意味です。

但しlavatoryは「公衆トイレ」の丁寧な言い方、という意見もあります。

新幹線や飛行機及びホテルのトイレも、lavatoryが使われるようです。

washroom(ウォッシュルーム)

ウォッシュルームは主にカナダで、よく使われるようです。

またアメリカの一部でも使うようですね。

一部というのはアメリカ人が、下記のような回答をしているからです。

質問:

bathroom と washroom と restroom と toilet はどう違いますか?

回答より抜粋:

The US doesn’t really use washroom so I don’t know about that.

(アメリカはwashroomを実際に使わないので、私はwashroomについては知らない。)

引用元:https://hinative.com/ja/questions/492801

なのでアメリカでwashroomは、あまり使われていないのでしょう。

カナダでは公共の場のトイレを、 washroomと言うようです。

それも「便所」ではなく、お手洗いや洗面所といった婉曲した表現で使われます。

facility(ファシリティ)

facilityには施設や設備といった意味があります。

facilityもまた婉曲的な表現として使われ、トイレの意味で使われる時はfacilities と複数形で使うようです。

トイレの意味でfacilityを使うのはアメリカで、口語的な表現になります。

men’s room/women’s room

直訳すると、男性の部屋/女性の部屋になりますよね。

men’s roomをGoogleの翻訳にかけると、

a restroom for men in a public or institutional building.

(公共施設または施設内の男性用のトイレ。)

引用元:Google翻訳

という解説が表示されます。

なので外出時に使う表現と考えれば良いのでしょう。

ちなみにmen’s room/women’s roomは、アメリカで使われる表現のようです。

W.C

昔からよく見かけますよね。

WaterClosetの略ですね。

Waterとつくところから、水洗トイレだというのがわかります。

但し現在では、WCは殆ど使われることがないようです。

なぜなら現在のトイレはほとんどが水洗のため、区別する必要がないからでしょう。

outhouse(アウトハウス)

outhouseは離れ家という意味があるようです。

outとhouseから、想像は出来ますよね。

ですからトイレの場合も、屋外トイレを指すようです。

昔は日本でもトイレは、外にありました。

アメリカでも同じだったようで、排便用の穴の上に移動式の仮小屋を置いたのだとか。

privy(プリヴィー)

Googleの翻訳でprivyを訳すと、下記の説明が表示されます。

a toilet located in a small shed outside a house or other building

(家または他の建物の外の小さな小屋にあるトイレ。)

引用元:Google翻訳

outhouseと同じと考えていいでしょう。

privyもまた屋外トイレを指します。

ではなぜprivyが屋外トイレを指すのか?

privyには「秘密の小部屋」という意味があることから、直接的な表現を避けた言葉として使われるようになったようです。

cloakroom(クロークルーム)

cloakroomは日本でも、ホテルやレストランで見かけますよね。

手荷物の一時預かり所のこと。

イギリスでは婉曲な言い回しとして、(ビル及び劇場の)トイレのことをcloakroomというようです。

「CR」と略していることもあります。

The Gents/The Ladies(ジェンツ/レディース)

想像できると思いますが、男性用/女性用になります。

イギリスの口語表現のようです。

loo(ルー)

looはイギリスで使われる表現で、女性が使うようです。

アメリカでは使われることがないとのこと。

ちなみになぜトイレのことをlooというかは、正確な情報はありませんでした。

ただ「le lieu」というフランス語からではないか、という説が私的にはしっくりきます。

「le」は英語のtheにあたり、「lieu」(リュー)は場所。

なのでトイレを婉曲的に、「ある場所」と表現したのではないでしょうか。

ちなみに英語のtoiletは、フランス語の「toilette」(トワレット)が語源です。

(※toiletteはフランス語で化粧や身支度を意味します。)

powder room(パウダールーム)

女性用トイレの婉曲的な表現。

powderが化粧を指すのは、想像できますよね。

なのでpowder roomは、化粧室だと考えればいいでしょう。

the john(ジョン)

仲間内で使う表現に、「the john」があるようです。

使うのは男性に限るようですので、女性は使わないように。

ちなみに「the john」が、なぜトイレの意味で使われるのか?

実は英国初の水洗トイレを発明したのが、ジョン・ハリントンという方なんだそうです。

その為、英国では「the john」が使われるようになった、と言われています。

トイレの表記は?

次はトイレの表記について、確認してみたいと思います。

でもトイレを英語でなんというかが分かったのですから、今さら意味がないかもしれませんね。

WC

WCは現在は会話で使うことは少ないようですが、表記では使われていますね。

restroom

restroomはアメリカでしたね。

toilet

toiletですから、イギリスでしょうか。

Washroom

出典元:https://ipa-mania.com/toilet-bathroom-restroom/

Washroomsなので、カナダですかね。

Gents

出典元:http://48english.com/archives/5231

Gents/Ladiesなので、イギリスでしょうか。

Comedy 103.1さんの投稿 2013年12月11日水曜日

MENとWOMENの表記以上に気になるのが、

「MEN to the left because WOMEN are always right!」

女性は常に正しいので(右なので)、男性は左です。

right=右

right=正しい

rightの持つ意味、「右」を「正しい」に掛けているのが面白い。

アメリカらしいユーモアですね。

以上、トイレについて調べてみました。

本日の収穫は、

「MEN to the left because WOMEN are always right!」

ですかね。

私は賛成!