ジョギングにダイエット効果があるか?

多分、多くの人がジョギングに、ダイエット効果があると信じているでしょう。

実は私もダイエット効果があると信じ、ジョギングを始めた一人です。

私のジョギング歴はまだ3年ほどですが、参考になれば幸いです。

ジョギングのダイエット効果は?

私が実際にジョギングをして、感じる効果は?

汗をかいて体重が減る

季節によって違いますが、ジョギングの前と後では確実に体重が変わります。

私の場合は走った後に1kg以上は、体重が減っています。

夏場だと1日に2kgは、減るのではないでしょうか。

ただ汗をかいて体重が減るのは、体から水分が出ただけのこと。

ですからジョギング後に水分補給すれば、当然のように体重は戻ります。

では効果なないのか?

私は汗をかくのは、デトックスになっていいと思っています。

私はジョギングを始めてから、肌が若返ったように感じているからです。

脂肪が燃焼して体重が減る

先に書いたとおりジョギングを始めると、汗をかくことで体重は減ります。

ですが脂肪が燃焼して体重が減ることは、実感出来ないかもしれません。

なぜならジョギングによって体重が減るのは、1日で考えると本当に僅かだからです。

しかも毎日同じように、体重が減るわけではありません。

私は1週間ジョギングを続けても、全く体重の変化を感じませんでした。

それがある時、

「あれっ?体重が減ったような」

と感じたのを憶えています。

なのでジョギングを継続してみないと、ダイエット効果は実感できないでしょう。

結果的に私の場合は1ヶ月で、3kgダイエット出来ました。

だからジョギングで脂肪を減らし、ダイエットすることは可能だと言えます。

ジョギングのダイエット効果はいつから実感できる?

結論を言うと、ジョギングのダイエット効果は、1ヶ月目から実感できると思います。

私のように体脂肪率が高い人だと、特に効果を実感するのは早いでしょう。

ただジョギングすれば1ヶ月でダイエットできる、と断言することは出来ません。

なぜなら私も体重が減ったのを実感したのは、「ある日」だったからです。

なのであなたの「ある日」がいつかは、誰もわからないと思います。

もしかすると、あなたの「ある日」は、2ヶ月後かもしれません。

でもよほど間違ったジョギングをしない限り、1~2ヶ月ではダイエット効果を実感できると思いますよ。

私の周りでジョギングをして、ダイエット出来なかった人はいないからです。

(※ジョギングを途中でやめた人は沢山います。)

ダイエットに効果的なジョギング方法

ここでは私が実践した方法を紹介します。

一般論をお伝えしても、現実にどうかはわからないからです。

ジョギングだけでは限界が

私は当初はジョギングだけで、ダイエットするつもりでした。

でもジョギングを始めて4~5ヶ月経った頃、体重が全く変化しなくなったのです。

一応この時点で、トータル6kgのダイエットには成功しています。

ですが肝心のお腹周りには、脂肪がついたまま。

私は体重よりも、お腹周りの脂肪を落としたかったのです。

そこで色々調べてみました。

ジョギング+筋トレが効果的

いろいろ調べてみると、脂肪を落とすには筋肉をつけるといいことが判明。

そこで筋トレを取り入れることにしました。

腹筋については、下記記事も参考にして下さい。

私が行っている筋トレは、

  • 腕立て伏せ
  • 腹筋運動
  • スクワット

になります。

二の腕が気になる場合は、下記の筋トレも効果的です。

私は筋トレを取り入れて、すぐにお腹の脂肪が落ちたわけではありません。

脂肪には落ちる順番があるようです。

二の腕のたるみは、割と早めに解消されました。

その後顔が引き締まったと思います。

そして最後にお腹の脂肪が、減り始めた感じです。

具体的なジョギング方法

私は夕方ジョギングをしています。

スケジュールとしては、

  • 1日目、2日目ジョギング60分以上。
  • 3日目筋トレ60分。
  • 4日目、5日目ジョギング60分以上。
  • 6日目筋トレ60分。

といった感じです。

ポイントは、

  • 3時のおやつを食べる
  • 運動前は水分補給する。
  • ストレッチを必ず行う。
  • 息が上がるようなペースで走らない。
  • ジョギングのあとはウォーキング5分。
  • 筋トレのあとはストレッチ。
  • 運動後牛乳を1杯飲む。

です。

ジョギング前の栄養補給と水分補給

まず3時のおやつを食べるのは、空腹のまま走ると気分が悪くなるからです。

私は以前はダイエットなのだからと、3時のおやつを食べずに走っていました。

でも気分が悪くなり調べたところ、低血糖になる可能性があることを知ったのです。

ですから今では3時に、おやつを食べるようにしています。

おやつではなくても走る前に、軽めに栄養補給すれば良いのではないでしょうか。

次に水分補給についてですが、これは脱水症状の予防です。

また運動前に水分補給すると、汗をかきやすいと思います。

ジョギング前にストレッチを行う

ストレッチを試してみるとわかりますが、体が温まります。

運動前にストレッチを行うと、汗をかきやすくなるのです。

それにストレッチは、ケガの予防にもなります。

ジョギングはゆっくり走る

そもそもジョギングとは、ゆっくり走ることなんだとか。

走りながら会話ができるペースで、良いようです。

私の場合は辛いのが嫌なので、ゆっくり走っていました。

というか辛いと、続けるのが難しいですよね。

ここで注意点が1つ。

ジョギングを始めるときは、はじめから長い時間走ろうと思わないことです。

これまで運動してこなかったのに、急に走れるはずがありません。

ですからまずはちょっと疲れたと思った時点で、ジョギングを止めましょう。

そして帰りはウォーキングでいいと思います。

走る時間の長さは、徐々に伸ばしていけばいいでしょう。

クールダウンを行う

ジョギングのあとは、ウォーキングを行いましょう。

また筋トレのあとなら、ストレッチがオススメです。

クールダウンを行うことで、翌日に残る疲労度合いが全く変わってきます。

他にもクールダウンは体の故障を予防することに、つながるようです。

運動後の栄養補給

運動後に空腹状態だと、筋肉の分解が進むようです。

なので筋肉の修復を助けるためにも、運動後にタンパク質を摂るといいでしょう。

私の場合は牛乳を飲んでいますが、卵やバナナ・プロテインなどでもいいと思います。

ジョギングについて

私は夕方にジョギングしていますが、朝の方が効果的なようです。

睡眠中は食事を摂らないため、血糖値が下がっているのが良いのだとか。

ですから朝のジョギングは、脂肪が優先的に燃焼するようです。

ただ軽めの栄養と、水分の補給は必要とのこと。

それ以上に大事なのは、ジョギングを習慣にすること。

あと筋トレを加えると、確実に効果に差が出ます。

見た目の筋肉量の増加は、実感しづらいかもしれません。

でも脂肪が落ちるのは、実感できます。

私の場合は、顔が一回り小さくなりました。

顔って意外と、脂肪がついているんですね。

あなたもジョギングを検討中なら、是非筋トレは加えるようにして欲しい。

あなたが理想の体型に、近づく事を願っています。