財布をなくしたら? 警察に連絡しますか?

あなたは財布を、なくしたことがありますか?

もしかして、今だったとしたら、既に警察には連絡済みですか?

もしあなたが財布をなくして、これから何をするかを調べているなら、深呼吸して読んで下さい。


財布をなくしたら何をすべきか?

あなたが財布をなくしたときにすべきことを、調べてみましたので参考にして下さい。

まずは冷静になり、財布の特徴と中身を書き出してみましょう。

「そんな暇はない」

と考えるようでは、冷静になっていない証拠です。

財布の特徴と中身を書き出すのは大事なことなので、必ず行って欲しいと思います。

財布をなくした場所を特定する

次に最後に財布を使った場所を、思い出してください。

そこからの行動を整理し、落とした可能性のある場所を特定します。

ここでも財布をなくした可能性のある場所を、書き出してましょう。

そして書き出したリストから電話連絡できる場所には、問い合わせを行います。

例えばJRの駅や立ち寄った店舗などには、問い合わせする価値があります。

更には最寄りの警察署にも、問い合わせてみましょう。

警察に連絡すると財布の特徴や中身を、詳しく聞かれます。

その際に先に準備したリストが、役に立つでしょう。

あと下記の警察庁のサイトには、届けられた遺失物が公表されています。

念の為、確認した方がいいでしょう。

警察署に遺失物の届け出を出す

心当たりの場所を探し、それでも財布が出てこなかったら。

その時は最寄りの警察署に、遺失物の届け出を出しましょう。

ここでも財布の特徴や、中身の詳しい内容が必要となります。

ですから先に用意したリストは、警察署に持参したほうが良いでしょう。

財布にカード類が入っていた場合は?

多くの人が財布に、カード類を入れているでしょう。

例えば

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • ポイントカード

などです。

特にクレジットカードやキャッシュカードは、悪用される可能性があります。

ですから各カード会社に、紛失した事を連絡する必要があるのです。

私は楽天銀行のデビットカードをなくしたことがあるのですが、ネットで手続が出来ました。

財布に身分証明書が入っていた場合は?

財布に身分証明書を入れている方も多いでしょう。

例えば、

  • 運転免許証
  • 健康保険証

などですね。

本人確認書類として使われる身分証明書も、悪用される可能性があります。

ですから出来る対策は、とっておく必要があるでしょう。

特に指定信用情報機関へは、連絡したほうが良いと思います。

第三者がなりすましでお金を借りようとするのを、防ぐことが出来るかもしれないからです。

全国銀行協会:https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/return/

株式会社シー・アイ・シー:https://www.cic.co.jp/declaration/index.html

日本信用情報機構:https://www.jicc.co.jp/kaiji/comment/index.html

上記3社は独立した機関になりますので、面倒でもそれぞれ手続きする必要があります。

あとで面倒に巻き込まれないためにも、上記のサイトを確認して手続きすることをおすすめします。

財布をなくしたら時間との戦い

私は最初で、

  • 深呼吸して下さい
  • 冷静になって下さい

と言いました。

とても大事なことですが、その上で迅速に対応する必要があります。

なぜなら財布をなくしたら、時間との戦いとなるからです。

まず財布を探すのにしても、気づいてからスグだと見つかる可能性が高いです。

例えば立ち寄った店舗や乗車したタクシーなどに、スグに連絡できれば他人が拾う前に探してもらえます。

またカードなどの悪用にしても、連絡が早ければ未然に防ぐことが出来るかもしれません。

あなたは

「警察に届け出れば、カードを悪用されても大丈夫なのでは?」

と考えているかもしれませんね。

でもキャッシュカードで現金が引き出されて補償されるのは、自分に過失がなければの話です。

例えば、暗証番号をキャッシュカードに書いていた。

もしくは、暗証番号を誕生日にしていた。

等の場合は補償してもらえなかったり、補償金額が減額される可能性があるようです。

ですから、冷静に行動することと同じくらい、迅速さも大事となります。

あと対処する手順も、私は大事だと思います。

なぜなら慌ててカードを停止すると、スグに財布が見つかったときに後悔するからです。

なので私個人の意見としては、

  • とにかく探す
  • 警察に届け出る

を優先したほうがいいと思います。

そして身分証明書の再発行は、最後で良いのではないでしょうか。

ちなみに財布を落として戻ってくる確率は、約6割のようです。

とにかく慌てずに、記憶を辿ってみてはどうですか。

あなたの財布が見つかることを、願っています。