LifePrint(ライフプリント)がネット上で話題になっています。

そこで調べようとすると、「ライフプリントサービス」というのが出てくるのですが全く違う(TT)

ライフプリントサービスは、ライフと言う会社のプリントサービス。

「ライフプリント 評判」を検索すると、次はライフプリントと言う会社の評判が出てくる。

どうなっているのか?

LifePrint(ライフプリント)とは何?

LIFEPrint とは何?

LifePrint(ライフプリント)が話題になっているので、調べようと思っても正確な情報が少ない。

というかライフプリントという会社や、ライフのプリントサービスと検索結果が重なるため、無駄な時間を使ってしまう。

そこでライフプリントが簡単にわかるように、記事を書くことにしてみました。

LifePrint(ライフプリント)の仕様

プリンターの寸法:127mm x 76mm x 25.5mm
プリンターの重量: 200g
写真のサイズ:50mm x 76mm
バッテリータイプ:リチウムイオン (USB充電式)
フル充電時の写真印刷枚数:10-15枚
バッテリー充電時間: 〜1時間
デバイスの互換性:iPhone 5s以降、Samsung Galaxy S5以降、GoPro Hero3以降、GoPro Session
フィルム容量:10枚
最大HyperPhoto長さ:15秒
印刷時間: 〜30秒
印刷プロセス: ZINK感熱印刷

簡単に言うと拡張現実(Augmented Reality)を、写真で実現するということのようです。

ここで拡張現実が何かが、問題になりますよね。

よくARと言う言葉で表現されますが、仮想現実(バーチャルリアリティ)の変種と考えると分かるかもしれません。

例としては、バーチャルリアリティでは何もない場所に仮想の部屋があり、仮想のソファーがある。

そして、そのソファーに、これまた仮想のブーさんのぬいぐるみがあるとしましょう。

それがARの場合、現実の部屋があり現実のソファーがある。

ただプーさんのぬいぐるみだけが、仮想という情報として入ってくる。

説明が難しいですね(^o^;)

LifePrint(ライフプリント)を簡単に説明すると、動画の一部分を切り取った写真が出来上がる。

それは、今まで見たことのある写真と変わらない。

ところがライフプリントで撮った写真に、スマートフォンをかざすと写真が動き出す。

私が、精一杯説明してもわからないでしょうが、動画を観るとスッキリするはず。

動画だけで充分だったと言わないでほしい(T_T)

LifePrint(ライフプリント)の使い方と評判は?

この動画の後半で、LifePrint(ライフプリント)でプリントした赤ちゃんの写真にスマートフォンをかざしている場面があります。

私にも姪っ子がいるのですが、今ハイハイがやっと出来るようになった。

この動画のように歩くのも時間の問題です。

母にLifePrint(ライフプリント)をプレゼントしたら喜ぶだろうな。

ライフプリンタの使い方は簡単です。

スマートフォンからBluetooth(ブルートゥース)通信によるワイヤレス接続で、Lifeprint(ライフプリント)にデータを送り写真を印刷するだけ。

あとはスマートフォンアプリを使って写真を覗くと、写真が動き出す。

映像だけでなく音楽の再生も可能。

評判は、上々のようです。

「すげ~」、「これ欲しい」、「コミケで使えそう」等々高評価。

ただ中には、「スマホに動画の保存で充分では?」という意見もかなりある。

私の母は孫の写真を家中に貼りまくっているので、それが動くのであればきっと喜ぶと思っている。

母のような人には最高の商品だと思うのですが、どうでしょう。

ライフプリントでは写真でiPhone動画も動く!

ライフプリントで撮った写真はiPhone動画で動く。

「当たり前じゃないの?」

と言われそうですが。

私がいいたかったのは、下記の内容のこと。

iPhone 6s/6s Plus のカメラでシャッターを切る前後の合計3秒間の動画を含む写真が撮れる Live Photos での撮影。この”動く写真”はさまざまな楽しみ方があり、クセになります。

引用元:https://sakidori.co/article/54502

でも私は実際にiPhone愛用者ではないので、よく理解していませんm(_ _)m

なので引用文が理解できる人は、そういうことです(笑)

しかし、ARは以前に何かの特集で見て知っていましたが、一般的になるのはずっと先だろうと思っていました。

それがスマートフォンの普及で、既に利用できる環境にあるとは驚きです。

私は先程から何度もいってますが、LifePrint(ライフプリント)で姪っ子の写真を印刷することを目標にしようと思います。