ケンブリッジ飛鳥はプロ!スポンサーはどこ?スパイクはナイキか?

テレビ東京の『みらいのつくりかた』に、ケンブリッジ飛鳥選手が登場します。

ケンブリッジ飛鳥選手と言えば、リオオリンピックで一躍時の人となりました。

その前にも所属する会社が、日本人初の9秒台を出せば1億円のボーナスを出すと言って、話題となっていたような。

今回は、そんなケンブリッジ飛鳥選手について書いてみます。


ケンブリッジ飛鳥選手のスパイクはナイキか?

ケンブリッジ飛鳥 スパイク ナイキ

ケンブリッジ飛鳥選手について調べると、「ケンブリッジ飛鳥 ナイキ」というkeywordが出てきます。

なのでケンブリッジ飛鳥選手が使用しているスパイクは、ナイキなのかどうかを調べてみました。

すると画像でもわかると思うのですが、全く違いました。

ケンブリッジ飛鳥選手がこれまで使用していたのは、画像のアンダーアーマー製スパイク。

ケンブリッジ飛鳥 スパイク

ケンブリッジ飛鳥選手が使用していなければ、あまり有名ではなかったのではないでしょか。

もしかしたら陸上をやっているアスリートの間では、アンダーアーマーは有名なのかな。

それはそうと、では「ナイキ」はなんだったのか?

ケンブリッジ飛鳥選手がプロに転向

ケンブリッジ飛鳥選手がプロに転向したのは、昨年12月の14日のこと。

それまで所属していたドームを退社し、プロへの転向を発表。

今年ケンブリッジ飛鳥選手はプロ選手として、世界陸上にも出場することになります。

日本ではアスリートのプロ化は、それ程進んでいるわけではありません。

野球・サッカー・バレーボールなどプロリーグがあるスポーツは、チームを抱える企業と契約してプロとして活躍出来ます。

ですが、その他のスポーツで日本でプロで食べていけるのは、何があるでしょう?

大相撲・プロゴルファー等限られています。

多くのスポーツでは企業に就職し、働きながら大会に出場するのが一般的です。

例外として有名なのは為末大さんや、高橋尚子さんが思い浮かぶくらいでしょうか。

日本のスポーツ業界はアスリートにとって、かなり厳しい世界だと思います。

ケンブリッジ飛鳥選手のスポンサーはどこ?

ケンブリッジ飛鳥選手はプロになったからには、スポンサーを見つけないことには始まりません。

テニスの錦織圭選手のユニクロのようなものです。

ではケンブリッジ飛鳥選手は、どのようにスポンサーを探すのか?

エージェントをつけるのが、一般的ではないでしょうか。

トム・クルーズの『ザ・エージェント』を観た事がある人はわかるはず。

スポンサー企業との交渉代理人です。

ケンブリッジ飛鳥選手は「Flynn Sports Management(フリン・スポーツマネジメント)」と、代理人契約を結んだようです。

ケンブリッジ飛鳥選手が代理人契約を結んだ「Flynn Sports Management」は、陸上選手を多く抱え陸上競技に関しては実績があるのかも。

またマネジメントに関しては「ユニバーサルスポーツマーケティング」と、マネジメント契約を結んでいるようです。

この「ユニバーサルスポーツマーケティング」は荒川静香選手や高橋大輔選手など、フィギアスケートの選手を多く抱えているとのこと。

それでは、ケンブリッジ飛鳥選手のスポンサーは決まっているのか?

まだプロ転向を発表したばかりですので、決まってはいないようです。

もしかしたら私がスパイクのことだと思っていたナイキが、その候補に上がっているのでしょうか?

まあ、ナイキがケンブリッジ飛鳥選手を狙う可能性は、あるかもしれませんね。

ここで、私が不思議に思うのが、これまで所属していたドームが、スポンサーになるというのはないのでしょうか?

ドームがスポンサーになるにはケンブリッジ飛鳥選手は、まだ露出が少ないのかもしれませんね。

私が考えるくらいですから、既にそんな話はあったのでしょう。

ケンブリッジ飛鳥選手は早くスポンサーを見つけ、競技に集中できるといいですね。

今年の世界陸上が楽しみです。

ケンブリッジ飛鳥選手のプロフィール

本名:ケンブリッジ飛鳥アントニオ
出身地:ジャマイカ
国籍:日本
身長:180cm
体重:76kg
血液型:O型
種目:100m, 200m
出身大学:日本大学

100mの自己ベストは、日本歴代9位の10秒10、200mの自己ベストは20秒62。

お父さんがジャマイカ人でお母さんが日本人。

ジャマイカで生まれジャマイカで2歳まで過ごし、その後大阪で中学2年まで暮らしているようです。

潜在的な能力としては、日本人でもっとも夢の9秒台に近い人ではないでしょうか。

ケンブリッジ飛鳥選手の今年の活躍に期待します。