北原淳クロスロードに!アインシュタインラボの評判と場所はどこ?

サイエンスクリエイターとして活躍している北原淳(きたはら あつし)さんが、『クロスロード』に出演するようです。

北原淳さんはアインシュタインラボという理科実験教室を運営しているということ以外は、あまり情報がありません。

そんな北原淳さんとアインシュタインラボについて、調べてみたいと思います。

ちなみに『クロスロード』は、今夜10時半からの放送です。


北原淳さんのアインシュタインラボの評判は?

今回クロスロードに出演する北原淳さんは、アインシュタインを尊敬しているようです。

北原淳さんの座右の銘は、アインシュタインの言葉。

「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない」

この言葉を実践する場として、北原淳さんはアインシュタインラボを作ったのでしょう。

最近では危ないという理由で、子供を外で遊ばせない家庭も増えていると聞きます。

過保護な現代社会では理科実験の事故が問題となり、「理科離れ」が進んでいるのだとか。

私が子供の頃は小学生の時に、「科学」と「学習」という本がありました。

「科学」には実験道具等が付録でついていていたため、男の子の大半は「科学」を選んでいたと思います。

時代が変わっても、子供は好奇心の塊です。

多くの子供は、本当は理科の実験がしたいはず。

そんな理科実験を体験できる教室が、北原淳さんが作った「アインシュタインラボ」のようです。

現在は本格的な理科実験を、体験できる場所自体が少ない。

ですから「アインシュタインラボ」の評判は、容易に想像できます。

実際にアインシュタインラボで授業を受ける小学生は、2時間半という長い時間があっという間のようです。

「楽しかった。」「どうして?」「なんで?」などと言って、満面の笑みで話しているとのこと。

子供の喜ぶ顔を見たら、親御さんも嬉しいでしょうね。

いい評判はすぐに広まるのが、いまの世の中です。

北原淳さんは全国の学校や自治体に呼ばれ、各地で子どもたちに実験を体験させています。

どの会場でも北原淳さんの実験は、好評を得ているようです。

理科の実験はマジックのようで、子供だけでなく大人も楽しめますよね。

北原淳さんに「アインシュタインラボ」の場所はどこ?

北原淳 アインシュタインラボ 場所
出典元:https://www.facebook.com/atushi.kitahara

北原淳さんが運営する理科実験教室「アインシュタインラボ」は、金沢文庫・本部教室を始め他に3箇所あるようです。

【所在地】
〒236-0042
横浜市金沢区釜利谷東2-15-13 K-1ビル4F
【金沢文庫・本部教室へのアクセス】
京浜急行電鉄 金沢文庫駅 下車、西口より徒歩3分

【所在地】
〒224-0032
横浜市都筑区茅ヶ崎中央13-8 MTビル 3F
【センター南教室へのアクセス】
横浜市営地下鉄 センター南駅 下車、出口1より徒歩3分

【所在地】
横須賀市久里浜7-23-16 信証幼稚園内

【所在地】
東京都文京区音羽1-17-18 護国寺SIAビル3階

引用元:https://einstein-labo.jp/access/

クラスに関しては、幼児のクラスから高校入試コースまで用意されています。

授業料は1回2時間半で、もっとも高いコースで6,200円です。

無料体験授業がありますので、まずは体験授業を受講してから考えるといいでしょう。

『クロスロード』に出演する北原淳さんという人物

北原淳さんは現在49歳で、神奈川県の横浜市に住んでいるようです。

現在のような活動を始めたのは、2004年頃から。

それまでは、進学塾で講師をしていたようです。

北原淳さんは35歳前後で、自分の生き方について考えたのかもしれません。

当時は理科の実験で有名な「でんじろう先生」が、テレビで活躍していました。

北原淳さんも何らかの刺激を、受けたのかもしれませんね。

テレビにはテレビ東京の『モヤモヤさまぁ~ず2』に、以前出演しているようです。

北原淳さんは今回の『クロスロード』に出演することで、今後ますます注目が集まっていくでしょう。

『情熱大陸』にしろ『クロスロード』にしろ、本当にいい番組だと思います。

今日の『クロスロード』では、北原淳さんについていろいろな情報が聞けたらうれしいです。

こういう子供の教育に携わる方で熱意を持って頑張っている人は、世間がもっと応援すべきだと思います。

子供が自分も理科の実験をする人になりたいと思う、そんな環境は必要ではないでしょうか。

いい学校に入るための勉強だけでなく、学ぶことは素晴らしいと思える、そういう子供が増えることを願いたい。

北原淳さんの今後の活躍を応援します。