求婚の日(1月27日)の由来!理由はなぜか?プロポーズの仕方!

本日1月27日は、求婚の日となっています。

求婚の日の由来をご存知ですか?

なぜ求婚の日ができたのか、その理由を調べてみました。

1月27日が求婚の人と言われる由来

『お嫁さん募集!』

1883年に日本の新聞で初めて、求婚の記事が掲載されたのだとか。

依頼者は中尾勝三郎さんという方で、本気で結婚相手を探したかったようです。

その内容は、

「最近女房と離婚して超不自由。貧富にあれこれ言わない、17歳以上25歳未満で嫁になりたい人は連絡して」

と、上記のようになっています。

その結果がどうなったか?

実は、なんとこの広告で19歳の女性から連絡があり、見事に二人は結婚することが出来たようです。

なんでもやってみるものですね。

あなたも今日、好きな人に求婚すれば、一生忘れられない記念日になるのでは?

なぜ求婚の日なのか理由は?

なぜ1月27日が求婚の日なのかは、先に書いた通り求婚の広告を初めて出した日だからというのが理由。

でもどうして、1月27日だったのでしょう。

ネット上で情報を収集してみると、1月は求婚に向いているとの情報がありました。

理由は結婚式を挙げる予定を立てるのに、これ以上いいタイミングはないとのこと。

1月は年の始めですから、何月に結婚式を予定してもいいわけです。

しかも一般的に約半年の猶予があれば、周りの人の予定や挙式の準備期間にも充分でしょう。

更には晴れの多い9月に結婚するにも、かなりの余裕があります。

最近では6月の結婚が流行っていますが、ジューンブライドにも間に合いますよね。

求婚(プロポーズ)の仕方

私が考える理想のプロポーズは、デートの最中でしょうね。

関東圏に住んでいる方はディズニーシーでの夕食時、または帰りのホームでさり気なくというのもありではないでしょうか。

今日だとすれば夕方の仕事帰り、まずは食事に誘ってみることです。

そして、かしこまるというよりは、サラッと「そろそろ結婚でもする」みたいな感じはどうですか。

求婚の日のような特別な日のプロポーズは、成功の確率が高いと思いますよ。

女性は特別な日を、大事にする傾向があるからです。

また求婚の日にプロポーズを期待する人も多いと思うので、彼女の想いに応えるとあなたの評価はあがるはず。

もし近い内に結婚したいと思っているのなら、こういう機会を逃すと後悔しますよ。

どうしても決断できない場合は、朝日新聞さんが夕刊でプロポーズに関する企画を載せているようです。

朝日新聞さんのプロポーズ企画を読んで、勢いをつけるのでもありだと思いますよ。

ちなみに出演は女性が貫地谷しほりさん、男性がムロツヨシさんとなっているようです。

プロポーズ企画の載った新聞を恋人と一緒に見るというのも、作戦としてはありではないでしょうか。

相手が新聞を見ながらプロポーズを意識した時に、「自分たちも結婚しちゃう?」なんていうのもありかも。

今日という日に、一人でも多くの人がプロポーズに成功することを願っています。

あなたに幸あれ!!