家入レオさんの最新曲『それぞれの明日へ』のミュージックビデオが公開されました。

 

『それぞれの明日へ』は、11月29日に生放送のベストアーティスト 2016で初披露され、同日に配信開始になっていました。

 

この『それぞれの明日へ』は、第95回全国高校サッカー選手権大会の応援歌として書き下ろした楽曲。

 

作詞を家入レオさんが担当し、作曲は多保孝一さん、編曲は、本間昭光さんが担当した。

 

私は、このミュージックビデオを観て、涙が出そうになった。ピュアな心を忘れた、私のような大人は、たまには、家入レオさんが書くようなストレートな歌詞の歌を聴いて、生き方を考えたほうがいい。

 

バックで演奏する高校の吹奏楽部の方を振り返る家入レオさんに、彼女の優しさを見ることが出来、本当に心温まるミュージックビデオだと思う。

       Sponsored Link

家入レオさんの歌声

 

まずは、家入レオさんの『それぞれの明日へ』のMVを視聴してほしい。

 

あなたは、涙が出そうにならないだろうか?私は、家入レオさんの歌声に反応したのか、それとも『それぞれの明日へ』の歌詞に感動したのか、涙が出そうになってしまった。

 

この透明感のある家入レオさんの歌声。透明感という表現が正しいのか、まっすぐな声と言えばいいのか、言葉にするのは難しいが、家入レオさんの歌声が、私の心に届いたのは間違いない。

 

家入レオさんのファンの方は、この声が好きな人が多いのではないだろうか?

せっかくなので、デビュー曲と比べてみてはどうですか?間違いなく、デビュー当時からすると今の歌声のほうが、重みがある。

 

好みの問題かもしれませんが、私は、今回の『それぞれの明日へ』の方が、家入レオさんの歌声が心に響いた。

 

サブリナも名曲で大好きです。ただ、比較したらということで言っていますのでご理解下さい。

家入レオさんはかわいい?

家入レオはかわいい

これまで、多くの芸能人の方の可愛い写真を紹介している。だから、家入レオさんがかわいいかという話になると、言葉を濁すことになるが、好みの問題ということになるのではないか。

 

そして私が選んだ画像は、かわいいというよりかっこいいが適切な表現ではないですか。

 

かわいい画像をと思ったのですが、かわいい芸能人の画像を見飽きているあなたには、おすすめの画像が見つかりませんでした。

 

家入レオさんは、かなり独特な顔をしています。これは、芸能人としては、いいことだと思います。特徴がなければ、その他大勢に埋もれるだけ。

 

そう考えると、ただかわいいシンガーソングライターより、個性的な顔で、個性的な歌声のシンガーソングライターの方が印象に残る。

 

家入レオさんは、かわいいのかもしれないが、私にとっては、かっこいいアーティストだ。

家入レオさんの本名は?

       Sponsored Link

家入レオさんの「家入」が本名なのは、ウィキペディアにも書いてある。

 

さすがにレオが本名だとは、私も思ってはいないので、調べてみた。

 

出てくるのだろうかと心配していたら、結構信憑性のある情報が。家入レオさんの本名は、「稚奈」さんのようだ。

 

情報の出どころは、最初は、2chだったようですが、その後、家入レオさんが通っていた「音楽塾ヴォイス福岡校」のHPで、彼女のプロフィールをみてみると、URLがhttp://www.v-pro.jp/artist/artist_p_wakana.htmlとなっていたとのこと。

 

それだけでは、と思うでしょうが、実は、彼女の小学校の卒業アルバムらしきものがあります。伊東稚奈(いとうわかな)さんという名前で、写真があるのですが、家入レオさんだと思える顔立ちです。

 

苗字の方に関しては、家入レオさんは、幼少期に家庭の事情で、親戚の家を転々としていたという話があるので、その時のものと思われます。

 

ということで、家入レオさんの本名は、「家入稚菜」さんが最も有力です。

家入レオさんのプロフィール

本名;家入稚菜?
誕生日:1994年12月13日(21歳)
出身地:福岡県久留米市
血液型:A型
身長:157cm
職業:シンガーソングライター
活動期間:2012年~
事務所:研音

       Sponsored Link