谷井康人 みかん農家

和歌山でみかん農家を営む谷井康人さんが、『クロスロード』に出演します。

 

みかん農家の方が『クロスロード』に?

 

失礼な話だが、正直に言うとそう思ってしまいました。

 

『クロスロード』の予告動画をみると、売れないみかんをホテルに売っていたり、勝負服は、高級スーツだという。

 

谷井康人さんは、私の田舎にいるようなみかん農家のオジサンではないようです。

 

ということで、今回は、みかん農家の谷井康人さんについて調べてみました。

メタルマッスルHMB

 

谷井康人さんが和歌山で作るみかんジュース

谷井康人 みかんジュース私の田舎でもみかんは作っている。

 

ポンカンやタンカンが多いだろうか。

 

今年などは豊作で、値段がつかず町の市場で投げ売り状態でした。

 

近所のオジサンやオバサンが、「今年はダメだな。」そんなことを言っていました。

 

その前は、奄美大島でミカンコミバエが問題となり、よかったのかな。

 

人の不幸で稼いでもいい気分はしませんよね。

 

私の周りのみかん農家は、昔からみかんを作っているから、ただ続けているだけ。

 

儲かるかどうかなど運任せです。

 

私の中での農家のイメージは、そんな近所のオジサン、オバサンなので、『クロスロード』に出るような農家さんは、イメージできません。

 

谷井康人さんは、本も出しているんですね。「奇跡のみかん農園 けっして妥協しない零細農家のすごい仕事の話」という本のようです。

 

では、和歌山で谷井康人さんは、どんなみかんジュースを作っているのでしょう。

 

谷井康人さんが考えたのは、体に良くて本当に美味しいもの。

 

その考えから生まれたのが、化学肥料や農薬を一切使わずに作ったみかんジュース。

 

 

これは、みかんを作ったことがある人ならわかりますが、大変なことです。

 

化学肥料まではなんとかなるでしょう。ですが、農薬を使わないというのは難しいと思います。

 

まずは、原料からこだわるみかんジュースを作っているということですね。

 

それで美味しいのか?

 

なんと高級ホテルに卸しているそうですので味は間違いないようです。(パークハイアット東京、ザ・ペニンシュラ、フォーシーズンズ丸の内、セントレジスホテル大阪、アマン東京)

 

しかも調べてわかったことですが、一般の農家で生みかんは1kgあたり、200円~250円なんだそうです。

 

ところが、谷井康人さんのみかんは、1kg780円もするのだとか。

 

それでも、一度谷井康人さんのみかんを口にした人は、その味に驚き、お客さんになる人が多いようです。

 

当然、値段が高いですから、それなりに収入がある人でないと買えないですよね。

 

そうなるとお客さんは、セレブになります。著名人や、芸能人が注文してくるようです。

 

これだけでも驚きですが、凄いのは、味へのこだわり。

 

谷井康人さんが納得できる味のみかんができなかった年は、販売を行わないそうです。

 

当然、楽しみにしている人が大勢いますから、誠意を持ってお詫びするのだとか。凄いと思いませんか。

 

 

それまでには、経費もかかっているわけですから、綺麗事では生活できないのに。

 

そんな凄いみかんで作るみかんジュースが美味しくないはずがない。

 

谷井康人さんのジュースは、飲むフルーツと称されるようです。

メタルマッスルHMB

 

6次産業の実業家の略歴

谷井康人 6次産業 略歴勝負服は、高級スーツ。

 

私の周りのオジサンは、絶対に高級スーツなど持っていない。

 

取引相手が、高級ホテルなどであればそういう身だしなみも大事でしょう。

 

では、6次産業の実業家と言われる谷井康人さんの略歴を見てみようと思います。

 

谷井康人さんは、みかん農家の三代目だそうです。

 

そこは、うちの田舎も代々農家が多いのでわかります。

 

しかし、谷井康人さんは、元々農家になる予定ではなかったようです。

 

谷井康人さんは、米国に留学中にお父さんが病気になったので、みかん農家を継ごうと思ったのだとか。

 

 

谷井康人さんがみかん農家を継いだ時は、本当に小さな規模だったようですが、その時から、一切妥協せず、農薬を使わないやり方に拘っています。

 

肥料にしても、一律同じ肥料を使うことをせず、その木に合った肥料を試行錯誤を繰り返している。

 

 

利益が出るかわからない頃からそこまでこだわることが出来るのは、強い信念があったのでしょう。

 

本名:谷井康人 (たにいやすひと)
生年月日:1966年生まれ 50歳

学歴:和歌山県立耐久高等学校卒業、カリフォルニア大学 中退

 

谷井農園

住所:和歌山県有田郡湯浅町栖原175
電話番号:0120-44-5554
営業時間:午前9時?午後5時
定休日:土・日・祝

 

6次産業(ろくじさんぎょう)とは、農業や水産業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも業務展開している経営形態を表す、農業経済学者の今村奈良臣が提唱した造語。

引用元:Wikipedia

 

私などは、間違って誰かに贈り物でもらわない限り、谷井康人さんのジュースを口にすることはないでしょう。

 

いや、節約して、一度くらいは本物を口にしてみるか?

 

折角知ったのですから、考えてみよう。

 

無駄遣いせず、本物にお金を使うのも良いかもしれません。

メタルマッスルHMB