驚異的なリターンを叩き出すというカリスマ投資家がカンブリア宮殿に出演します。

 

その注目のカリスマ投資家の名前は、藤野英人(ふじの ひでと)さん。

 

巨額の資金を集め、成長する見込みのある日本企業に投資をしている。

 

間違いだらけの投資の常識をよそに稼ぎ続ける藤野英人さんの経歴とはどんなものか?

 

カリスマ投資家がカンブリア宮殿で、どのようなことを語るか注目です。

       Sponsored Link

 

藤野英人さんの経歴とピアノとは?

藤野英人 経歴 ピアノ

カリスマ投資家の藤野英人さんについて調べてみると、「藤野英人 経歴 ピアノ」と出てきます。

 

最初、藤野英人さんというピアニストがいるのだろうかと思ったのですが、どうやら私が調べたい藤野英人さんで間違いないようです。

 

そこで、調べてみると、藤野英人さんは、ピアノを小さいときから習っていて、ピアノのコンサートも行っているとのこと。

 

以前に綾野剛さん主演の『コウノドリ』というドラマがありましたが、同じように別の顔という感じでしょうか。

興味の有る方は是非視聴してみて下さい。

 

最近思うのですが、昔は、「天は二物を与えず」という言葉をなるほどと思っていましたが、最近は、二物どころかそれ以上の才能を持ち合わせた人が増えていて驚きます。

 

私にも、お裾分けして欲しいと思ってしまう。それ程圧倒的な才能の持ち主が多い。

 

藤野英人さんの「ピアノ」というワードが、あまりにも不思議に思えたので、ピアノのことから書いてしまいましたが、改めて経歴を書いてみます。

 

藤野英人さんの経歴

1966年  8月29日に富山県で生まれる。
1990年 早稲田大学卒業後、野村投資顧問株式会社(現:野村アセットマネジメント)入社。
2015年 レオス・キャピタルワークス 代表取締役社長に復帰、最高投資責任者と兼任

引用元:Wikipedia

Wikipediaにない経歴をしらべました。

 

藤野英人さんは、裁判官や検察官を志望していたそうですが、司法試験に合格できなかったため、社会勉強のつもりで、上記野村投資顧問に入社。

 

入社6年半を迎えたとき、実力主義の外資系の運用会社に転職。

 

ITバブルの波に乗り、32歳で「カリスマファンドマネージャー」と呼ばれたそうです。

 

37歳で独立し、レオス・キャピタルワークスの会社を創業。

       Sponsored Link

 

カンブリア宮殿に出演するほどのカリスマ投資家に

藤野英人 カリスマ投資家 カンブリア宮殿

藤野英人さんは、32歳の時点で、カリスマファンドマネージャーと呼ばれていたようですが、本人曰く、時代が良かっただけで、実力は伴っていなかったようです。

 

しかし、相当な努力で、カリスマ投資家としての実力を身に着けたのだと思います。

 

いろいろなサイトで、藤野英人さんが、どういう努力をしたかを調べてみました。

 

そして、やはりという情報を見つけました。

 

それは、藤野英人さんは、22年で5,500人以上の社長さんに取材をしたという記事です。

 

膨大な情報を分析することによって、どういう会社が成長でき、どういう会社が将来性がないのか。

 

自分なりのデーターベースを作り上げたのではないでしょうか。

 

 

天才や、カリスマと言われる人は、必ずと言っていいほど、人一倍の努力をしています。

 

藤野英人さんも例外ではなかったわけです。

 

だから、実績を残せるし、投資家が藤野英人さんを信用するのだと思う。

 

今回の『カンブリア宮殿』で、より詳しい話が聞けるのではないかと期待しています。

 

これからの日本を背負っていく企業を応援してほしい。藤野英人さんよろしくお願いします。

       Sponsored Link