ギタリストの関将さんがハマった『飛び出しくん』を知っていますか?

 

全国にある交通安全を願って設置された人型の像や看板のことだそうです。

 

関将さんは、その人型の像や看板を「飛び出しくん」と名付けたのだとか。

 

そして、2013年の夏から各地で見かける「飛び出しくん」を撮影しだしたようです。

 

ちょっと面白そうなので、関将さんと「飛び出しくん」について調べてみました。

メタルマッスルHMB

 

飛び出しくんにハマったギタリストの関将さんとは?

関将 飛び出しくん

画像を見る限り、「飛び出しくん」という可愛い名前を付けそうな人には見えません。

 

「飛び出し小僧」とか、そんな名前をつけそう。

 

勝手に見た目で判断していますが、「飛び出しくん」の名付け親である関将(せきしょう)さんは、 B’z の稲葉浩志さんのソロアルバム「マグマ」に参加したほどの有名なギタリストのようです。

 

誕生日は、 12月7日というのはわかっているのですが、何年に生まれたかはわかりません。

 

現在は、ロッカ★フランケンシュタイン、音速珈琲廊(Sonic Cafe)の主宰メンバーのようです。

 

そんな関将さんですが、「飛び出しくん」を撮った写真は、3万枚を超えるというから凄い。

 

そして、昨年12月に「日本飛び出しくん図鑑」(辰巳出版、税抜き1400円)を販売したことはもっと驚きです。

 

飛び出しくんとは?

飛び出しくん 種類

「飛び出しくん」は、本当は、飛び出し坊や(とびだしぼうや)と言うようです。

 

目的は、御存知の通り、子供が道路に飛び出さないように、注意をうながるためのもの。

 

「飛び出し坊や」を有名にしたのは、イラストレーターのみうらじゅんさんのようですが、「飛び出し人形・飛び出し小僧・飛び出し君・飛び出し注意君・とび太くん」など、色々な名前で呼ばれていたのだとか。

 

ですから、正式名称というわけではないようです。

 

しかも、最近は、飛び出したらまずいので、「飛び出さない坊や」の方がいいのでは?という意見もあるそうです。

 

「飛び出しくん」が作られたのは、交通戦争と呼ばれた昭和30年代頃からのようで、子供の飛び出し事故が多発したことによる防止策として、子供が飛び出す姿のものが多く作られたとのこと。

 

現在は、全国にあるようですが、特に、近畿地方に多いようです。

メタルマッスルHMB

 

飛び出しくんの種類と画像

「飛び出しくん」には、どんな種類があるのでしょうか?

飛び出しくん 種類

そもそも飛び出しくんの種類と言ってもどう分けるのか?

 

そう思う方が多いと思うのですが、実は、この画像の「飛び出しくん」は、先に紹介したみうらじゅんが、「0系」と命名したデザインのものだそうです。

 

画像を拡大すると三体写り込んでいるのがわかります。

 

0系は、1973年6月に滋賀県の看板製作会社「久田工芸」で作られた男の子型と女の子型の11体の飛び出し人形のことを言うようです。

飛び出しくん リバーシブル

他には、「飛び出しくん」リバーシブルタイプ。

 

飛び出しくん ゆるキャラ

「飛び出しくん」の発祥の地(?)のゆるキャラのひこにゃんの「飛び出しくん」。

 

飛び出しくん 種類

成長して、「飛び出しくん」の役を果たしているかどうかわからないタイプ。

 

まあ、関将さんが、3万枚の写真に収めたくらいですから、紹介したらキリがないくらいの種類があると思います。

 

あなたの街の「飛び出しくん」をチェックしてみてはどうでしょう。

 

本当に知らないことって多いですね。

メタルマッスルHMB