魚の伝道師と言われる元官僚の上田勝彦さんが、テレビ東京の『クロスロード』に出演します。

水産庁の官僚という肩書を捨て、日本の魚文化を守るために全国を飛び回る上田勝彦さん。

そんな上田勝彦さんの官僚を辞めた理由や、魚料理のレシピについて調べてみたいと思います。

上田勝彦さん出演の『クロスロード』の放送は、今夜10時30分からとなっています。お見逃しなく!

       Sponsored Link

『クロスロード』に出演の上田勝彦さんについて

上田勝彦 クロスロード

上田勝彦(うえだ かつひこ)さんは、元水産庁の官僚ですが、その官僚になる前は漁師だったそうです。

上田勝彦さんは、島根県出雲市出身の現在52歳。(1964年生まれ)

長崎大学水産学部卒業後、1991年に水産庁に入庁しています。ここで注目したいのは、1991年というと上田勝彦さんが27歳の年だということ。

実は、上田勝彦さんは、長崎大学の水産学部に入学したのも、大好きな魚のことが学べるからと言うくらいの魚好き。

そんな上田勝彦さんは、在学中にシイラ漁を体験したのをきっかけに、驚くべき行動を取っています。

なんと大学を休学して、漁船で働きながら日本の漁村を回っていたのです。

そして、大学卒業後も漁師として働くつもりだったようですが、日本の漁業の現状と将来に光が見えないことに悩む。

そんな時、仲間の言葉で自分の使命に気づき、国家公務員試験を受け水産庁で働くことになったようです。

上田勝彦さんが官僚を辞めた理由は?

上田勝彦 官僚を辞めた理由

上田勝彦さんは、どこをどう見ても元官僚には見えませんね。

港町の漁師のおっちゃんと言った感じです。(失礼(^o^;))

実は、タイトルにもある通り、上田勝彦さんは、現在は官僚を辞めています。

上田勝彦さんが、官僚を辞めたのは、2015年3月31日付。

上田勝彦さんが50歳の時です。50歳と言えば男盛りでこれからという時。

そんな大事な時期に、どうして官僚を辞めたのか?その理由が気になります。

調べてみると、上田勝彦さんは、「魚食の推進活動は体力と気力」だと考えたようです。

そして、今後何年体力と気力が続くかという思いが、50歳を迎えてフツフツと湧いたとのこと。

上田勝彦さんは、今、自分が行動しなければ、日本の食文化が危ないと思ったのでしょう。

そこで、官僚を辞めて現場に行って問題を解決しようと考えた。

「全国の漁業と魚食に関するよろず相談」を受け付ける『ウエカツ水産』を設立しています。

サカナ伝えて、国おこす。

引用元:https://www.facebook.com/permalink.php?id=100002216572450&story_fbid=922742414476302

1人の人間に何が出来るかと考える人が多いですが、上田勝彦さんは、本気で変えようとしています。

凄すぎです。

       Sponsored Link

上田勝彦さんの魚料理レシピ

上田勝彦さんの魚料理は、主婦の間ではかなり有名なようです。

ウエカツ流の魚料理レシピを試してみてはどうでしょう。

「りゅうきゅう」

りゅうきゅうとは、生魚とネギなどの薬味を砂糖醤油に漬け込んだ大分県の郷土料理。

アジの場合

生のアジ
万能ネギ
大葉
おろしショウガ
みりん
醤油
すりゴマ

食べやすい大きさにアジを切り、細かく刻んだネギと大葉、おろし生姜、みりん、醤油を加え、10分ほど置いて味を染み込ませます。

出汁を切り、すりゴマを和えて完成です。

 

カツオの場合

生のカツオ
醤油
みりん
一味唐辛子
長ネギ
生姜
すりゴマ
かわいわれ

カツオを繊維に合わせて棒状に切り、更に食べやすい長さに切ります。

切ったカツオに醤油とみりん、一味唐辛子、細かく刻んだ長ネギと大葉・おろしショウガを和えて10分程置き、出汁を切ります。

最後にすりゴマとカイワレを添えて完成。

※出汁を切るのは、臭みを吸った醤油に漬けたままだと、また臭みが戻るからだそうです。

ポイント

まず、漬けだれの味を整えたほうがいいようです。

醤油にみりんをまろやかになるまで加え、その後、他の薬味等を加える。

 

今回は、私好みの魚料理レシピの紹介でしたが、他にも試したい方は、図解が載ったレシピが有りましたので紹介しておきます。ウエカツ流の魚料理レシピはこちら

魚を知り尽くしている上田勝彦さんだからこそのレシピも多いようです。

ちょっと魚が苦手という方も一度試してみてはどうでしょう。

フランス料理にイタリア料理と海外の食に興味を示す人が多いですが、日本料理は、世界に誇る最高の料理です。

しかも、魚料理は、昔、日本人に、もっとも親しまれていた料理と言っていいと思います。

この機会に、家での食卓に、魚料理を増やしてみてはどうでしょう。

今日の『クロスロード』での上田勝彦さんの魚料理レシピが楽しみです。

       Sponsored Link