マルシアさんと大鶴義丹さんの娘で、大学生の弥安(びあん)さんが、マルシアさんと『さんま御殿』に出演します。

『さんま御殿』では、マルシアさんが、弥安さんのことを大鶴義丹さんに顔も性格もそっくりと話し、「なんでそんなに似てるの!?」と発言したようです。

娘の弥安さんにそんなことを言うなんて、マルシアさんはひどいなと思うのですが、母娘の愛情があるから言える言葉なのかもしれませんね。

一方の弥安さんも、運動会でのマルシアさんの恥ずかしい行動を負けじと暴露。

弥安さんとマルシアさんの全開のぶっちゃけトークが見どころのようです。

『さんま御殿』の放送は、1月17日(火)  19時56分~20時54分となっておりますので、お見逃しなく!

       Sponsored Link

【画像】大鶴義丹さん似の弥安さんの年齢は?

大鶴義丹 弥安

大鶴義丹さんに似ているという弥安さんですが、本当にこんな顔なのでしょうか?

大鶴義丹似の弥安さんの画像はこちら

確かに、弥安さんは、大鶴義丹さんに似ていると思います。マルシアさんに似たらかなり美人になったでしょうが、大鶴義丹さんもイケメンなので、化粧の仕方ではきれいになるかも。

そんな弥安さんですが、現在の年齢は何歳になるのでしょうか?

弥安さんは、誕生日が、1997年10月16日ですから、現在は、19歳ということになります。今年、20歳になるので、来年成人式です。

マルシアさんについて

マルシア 画像

マルシアさんは、本名を大鶴一枝マルシア(おおつる かずえ まるしあ)といい、生年月日が1969年2月14日の現在47歳です。

苗字が「大鶴」だと言うので驚く方もいるかもしれませんが、離婚の時、弥安さんが小学生低学年だったため、苗字をそのままにしていたのだとか。

小学校に入学してすぐに苗字が変わったらイジメられることも考えられますよね。マルシアさんは、お母さんとして自分よりも娘の弥安さんを優先させたということです。お母さんてありがたい存在ですよね。

若い方の中には、マルシアさんが、タレントで時々女優業をこなしていると思っている人もいるようですが、マルシアさんは元々歌手です。

作曲家の猪俣公章さんの秘蔵っ子といわれ、『第31回日本レコード大賞』や『FNS歌謡祭』で最優秀新人賞も受賞している実力派の歌手。

マルシアさんが最近歌声を披露するのは、ミュージカルが多いようですが、興味がある方は、動画を御覧ください。

マルシアさんの動画

動画を観た人は分かると思いますが、マルシアさんの歌はかなりレベルが高いものです。

今年もマルシアさんの活躍に期待したいと私は思っています。

マルシアの娘の弥安さんがさんま御殿に出演する理由

       Sponsored Link

マルシアさんの娘の弥安さんが、『さんま御殿』に出演するのは、今後のことを考えてでしょうか?

実は、弥安さんは、昨年8月に「メレンゲの気持ち」にマルシアさんとテレビ初出演を果たしています。

そして、それから色々わかったことの1つが、弥安さんも音楽に興味があるということです。

ということは、考えられるのは、今後、弥安さんも二世タレントの道を歩むかもしれないということ。

これは、大いに考えられます。以前の『メレンゲの気持ち』の動画を視聴したのですが、弥安さんは、全く緊張していません。

トークもスムーズで、弥安さんは、本当にテレビが初めてなのかという感じでした。

もし、芸能人になるとすれば、大鶴義丹さんもマルシアさんも応援することでしょう。

今回の『さんま御殿』でその辺が聞けたら面白いですね。弥安さんが、お笑い怪獣にどう立ち向かうかも見所かも。

明日の『さんま御殿』、弥安さんのトークに注目です。

追記:弥安さんの大学はどこ?

弥安さんのことを調べると、大学について多くの人が知りたいことがわかります。

なぜそうなのかを考えると、やはり有名人と会いたい人が多いからでしょうか?

弥安さんは、マルシアさんと大鶴義丹さんの娘ですし、昨年は、「メレンゲの気持ち」にも出演しているわけで、将来は芸能人になる可能性もあります。

そうすると興味を持つ人が多くなるのは当然ですね。

自分の興味を満たすために一応調べてみました。結果は、ほとんど情報がありません。

不確かな情報で、歴史を専攻しているのでは?とか、検索ワードに「法政」があるとかくらいです。

今は、それでいいのではないでしょうか?

マルシアさんや周りが弥安さんのプライバシーを守っているのでしょう。

とは言え、今回『さんま御殿』に出演するわけですから、リスクをおかしているのは、確かです。

その矛盾は、芸能界に入る決心がついたということでしょうか?今回の『さんま御殿』で、そのへんが聞けたらいいですね。

       Sponsored Link